前回の投稿が中途半端なままで放置してあるのですが、取敢えず今回は今日の授業で先生と話した内容をおさらいします。授業、先生といっても、二人しかいない授業、もう一人の留学生が休んだので先生と一対一。僕らの音楽的な感じで2時間話しこんで終わりました笑

そこで話したのは「資本とは何か??」という話、そして現在世界で起きている統合報告に関する議論についてです。

 

後者の統合報告については、国際統合報告委員会が出したディスカッションペーパー「統合報告に向けて」を扱いました。12月に外部からの意見書は締め切ったようですが、日本公認会計士協会などが意見を提出しています。こうした統合報告に関する議論は、国際統合報告委員会に限らず、多くのアクターが並行して進めている印象です。パッと思い浮かぶものだけでもGRIのG4(こちらはIIRCの統合報告がESGをどう統合していくかのベースになるそうです)や、環境省が進めているものなどがあります。具体的な内容は今回はあんまり触れません、というか僕も勉強中です。

ちなみに僕は財務会計はかじった程度(学部の頃少し関連授業を取ってほとんど忘れている状態)ですが、先生とは財務情報と非財務情報としてのESGについて一般的な話をしました。財務会計はかじった程度ですが、ESG自体はお仕事の関係で扱っているテーマなので結構盛り上がるわけです。以下抽象的ですが、今回の投稿のメインの内容です。

 

先生が話の中で終始強調していたのは「資本とは何か??」を再考しないといけないフェーズに来ているということです。先生は環境会計を専門としていらっしゃり、GRIの委員会等にも参加している方で、これらのミクロレベルの動きはあくまで過渡期のものだという考えをお持ちなわけです。これらの動きの根底にあるものは何か、その先にあるものは何か、その答えに繋がる問いが「資本とは何か??」という問いです。

資本とは何でしょう??

Wikipediaを見てみるといろいろありますが、ここでそのそれぞれを取り上げることはしません。ただ、この資本の定義を再考することが大事ではないかということを今日は話したわけです。例えば、上述したディスカッションペーパーでは、財務的資本や製造資本、知的資本や人的資本などの従来の資本以外にも環境資本や社会資本(ソーシャルキャピタル)等が取り上げられています。環境はもちろんなのですが、「ソーシャルキャピタル」はボーリングの話にあるように、「コミュニティ」の価値を再考することが必要なのではないかということはいつも考えます。また、資本について、アダムスミス、ケインズ、マルクスなど、こうした経済哲学に立ち戻ることが必要になるような気もしています。

統合報告だけでなく、ESG、CSR、ソーシャルビジネスなどが取り上げられる中で思うことは、「どんな世界になってほしいのか」そこからバックキャスティングで今の社会に必要な仕組みを考えることが大事だということです。「ほしいのか」というと独りよがりな印象ですが、それを描くことがこれからもっと必要になるのだと感じています。

「資本とは何か??」このバックキャスティングを行う上で、非常に示唆に富んだ問いだと思ったので今回取り上げました。もう少し考えてみようと思いますが、是非色々な方のご意見を伺ってみたいものです。